皮膚病は犬にも表れる病気【犬の健康を守るのは飼い主の役目】

医師

ペットの健康

ドッグ

薬が原因の場合があります

犬に発症する皮膚病として多いのが膿皮症と呼ばれる病気です。この皮膚病は、近年特に増えてきた病気で、主にお腹や指先などに症状が現れます。痒みがあることから、愛犬が患部を掻きむしりさらに状態を悪化させてしまうことが問題です。この皮膚病の原因は細菌感染とされており、皮膚の抵抗力を高めることが一つのアプローチ法となります。こういった膿皮症は、時に治療薬が原因で悪化することがあります。作用の強い抗生物質の場合には、皮膚のバランスを保っている細菌まで殺してしまうことが多く、さらに炎症を広げてしまう場合があるのが厄介な点です。市販のシャンプー剤も悪影響を及ぼすことがあります。従って、犬の皮膚病の治療は慎重に行なうことが必要です。

免疫力をアップします

皮膚病を始めとするトラブルは、概して犬の抵抗力が落ちた時に現れることが多いです。体力が低下した時や免疫力が落ちている時には、一般的にこういった皮膚病にも罹りやすくなります。従って、早期に改善するためにはまずは元となる犬の体力や免疫力を上げることが有効な方法です。ストレスの管理はもちろんのこと、普段の食事に一工夫することも役立ちます。人間と同様に犬の場合にも免疫力の鍵を握るのは腸内細菌のバランスです。ですので、腸の状態を整えるような食事を与えることが一つの方法となります。こういった方法は一見遠回りに見えますが、根本から体質を改善出来る可能性があるのが大きなメリットです。サプリメントなどを利用することも出来ます。

急な出費に慌てず済む方法

医者

ペット保険に加入する時期はいつ頃が良いのでしょうか。犬や猫は寿命が短いため、あっという間に介護が必要な年齢になります。また年齢が若くても不慮の事故や病気で通院する可能性もあります。また医療費は高額なため、必ずペット保険に加入していたほうが良いでしょう。

View Detail

ペットの健康トラブル

先生

フェレットは人懐っこくて飼いやすいペットです。モノが言えない動物ですから日頃からの病院での予防が必要です。年に一度、ワクチンを打つ場合には健康診断をしてもらいましょう。また、誤飲などにも注意が必要です。

View Detail

早期発見を心がける

犬

近年、犬の癌も増えてきました。そして癌が出来やすい部位に生殖器系があります。この部分の癌は去勢手術や、避妊手術で予防することが出来ます。また、日頃から犬の体を触るようにして飼い主が変化に気づくようにすることも大事です。

View Detail